北海道の物件は雪対策を考えて選ぼう!!水抜きは結構大事!!

雪に慣れていないなら駅近を利用する

北海道生まれで北海道育ちなら、雪への対応力はそれなりにあるでしょう。しかし転勤で他地域から北海道に赴任するとき、季節に関係なく冬の対策を考慮しないといけません。雪のない時期に賃貸物件を選ぶときには特に注意が必要です。毎日雪の中を歩けば徐々に慣れますが、初めてで長い雪道を歩く環境で生活するのは良くありません。雪に慣れていない人が選ぶなら駅近は必須条件になるでしょう。雪道と雪のない道では歩くときの負担が異なります。駅まで行くのにかなり時間がかかるときもあるので、駅近ならまだ負担が減らせます。駅から多少遠くても、アーケードなど雪がない道を歩けるならその物件も候補になります。不動産屋に雪に慣れていないとしっかりアピールすると良いでしょう。

水抜きが簡単にできる物件を選ぶ

北海道は冬が長く夏は短いです。夏と言っても本州のような暑さではなく、30度になる日が何日かある程度です。湿気もそれほどなく、夏が最も過ごしやすいかもしれません。夏が涼しいので賃貸物件においてエアコンが付いていなくても特に気にしなくていいでしょう。ほとんど使わずに過ごせます。それより冬の対策が必要になります。暖房に関してはどの物件でもそれなりの設備がありますが、物件ごとに違うのが水抜きの仕組みです。留守にしている間に暖房を切っていると水道管の水が凍ってしまいます。それを防ぐための水抜きが必要ですが、簡単にできるところもあれば、面倒な作業が必要なところもあります。簡単にできるなら、毎日するにしても負担になりにくいでしょう。

北見の賃貸住宅の中には、戸建ての建物を集合住宅に改築している物件が複数あります。これらの住宅は総戸数5戸までが中心で、物件によってはバス、トイレ、キッチンを完備している所も多いです。