注文住宅を建てるために住宅ローンを利用する際のポイント

頭金をどれくらい入れるか検討しよう

注文住宅は数千万円単位の支出を伴う高額な買い物だけに、多くの人は全額をキャッシュで支払うのではなく、住宅ローンを利用するのが一般的です。かつては、全額をローンで賄うというのは認められていませんでしたが、その後、基準が改められて全額を借り入れることも可能となっています。しかしながら、だからと言ってまったく頭金を用意しないというのは考えものです。というのも、借入金額が大きくなるのに加えて、万が一返済できなくなった場合に、担保割れを起こすリスクが高まるからです。そのため、少なくとも建築代金の2割から3割程度は頭金を用意したほうがよいでしょう。3,000万円の家を建てるのであれば、600万円から1,000万円ほどは自前で負担するというイメージです。

固定金利と変動金利のどちらにするのかを見極めよう

次に、実際に住宅ローンを契約する場合には、適用される金利のタイプを選ぶ必要があります。金利タイプには大きく固定金利と変動金利の2パターンがあり、前者は契約時の金利が返済完了まで適用されるのに対し、後者は市場金利を踏まえて金利水準が定期的に見直される仕組みになっています。基本的には、変動金利よりも固定金利の方が金利が高いのが一般的ですが、将来的に現在の固定金利の水準よりも市場金利が高騰すると予想される場合には、固定金利を選択して金利の上昇リスクに対応するといった考え方も可能です。両者はどちらが正解というものではありませんが、金利を支払う余裕があり、かつ返済完了までのキャッシュフローを確定させておきたいということがあれば、固定金利を選択しておくと良いでしょう。

名古屋の注文住宅ではどの地域に建てるかが重要です。土地の価格や周辺環境の良し悪しに応じて地域を選びましょう。