土地はどうやって選べばよい!?土地探しのポイントとは?

さまざまな不動産業者に声をかけよう

自宅を建てたいなど土地探しをしているのであれば、色々なタイプの不動産業者に声をかけてみることが大切です。不動産業は大手のフランチャイズ系のものから長年同じところで営業してきた地域密着型の不動産業者などさまざまなものがあります。これらに万遍なく声をかけてみて、土地探しをするのがポイントになります。他にも役所に出向いて都市計画図を確かめることも大切です。自分が購入しようと考えている土地が市街化調整区域だと、家が建てられない恐れがあるからです。都市としての開発を進めている市街化区域に該当しているかどうかを確認するようにしましょう。また家の広さを決める建ぺい率や容積率を知っておくことも大切です。

土地探しの注意点とは?

土地によっては土地の価格以外に別途費用がかかってしまうこともあるので注意が必要です。まず隣接している道路が狭いと大型車が入ることができないので、工事費用に別途小型車両運搬費がかかってしまう恐れがあります。さらにガスや水道が通っていない土地であれば、引き込み工事費用が必要です。また道路と敷地に高低差があると、造成工事などの外構工事が必要になってしまう場合があるので注意が必要です。土地探しをする時は、広さや値段だけでなく地盤のことも確認するのがポイントになります。弱い地盤に家を建ててしまうと、地盤によって家が傾いたりする恐れがあるからです。地盤は外から見ても判断できないことが多いので、専門家に調査を依頼するのがおすすめです。

ミニバンの一種であるランディは大人数が乗ることができる大きさなので、多くの荷物を載せる貨物車両として使うこともできます。利便性が高い一方で車検代が高額になるなど、維持費が嵩むので注意が必要です。